音食紀行について

⾳⾷紀⾏は、世界各国の歴史料理を再現するプロジェクトです。「⾳」「⾷」「紀⾏」と
あるように、⾳楽と料理を通じて、時代旅⾏世界旅⾏をするイベントになります。

「音」に関しては当時の音楽を選りすぐりBGMでかける演奏のない料理メインの会の場合もあれば、そのテーマに基づいた演奏家やアーティストを招聘し、音楽演奏会を開催する場合もあります。

「食」=料理に関しては料理文献研究家の遠藤雅司が歴史再現料理を提供します。

現在、東京を中心に年に30~40回開催しています。

共演実績

アンサンブル薑(はじかみ)
・北山のぞみ(ソプラノ)
町村彰(バリトン)
阿部大輔(声楽家:バス、尺八演奏家)
斉藤はる奈(チェンバロ)
飯塚直(演奏家:リコーダー)
品川聖(演奏家:ヴィオラ・ダ・ガンバ)
小池香織(演奏家:ヴィオラ・ダ・ガンバ)
鬼澤悠歌(演奏家:ヴィオラ・ダ・ガンバ)
中山真一(演奏家:ヴィオラ・ダ・ガンバ)
山下実季奈(演奏家:ヴァージナル、チェンバロ)
小林恵(声楽家:ソプラノ)
佐藤二葉(リュラー)
光瑠子(ひかるこ)(星奏調律師、ライアー)
名古屋大学フォルクローレ同好会
武田牧子(舞踏家:ルネサンスダンス)
今谷和徳(音楽学者)
琴羽夏海(フォーチューンセラピスト、タロット占い師)
歩鳥堂・せがわ(革小物製作家)
小池みき(ライター、漫画家)
コストマリー(歴史再現企画(ヒストリカル・プランニング)-中世ヨーロッパ)
古楽かふぇ(西洋古楽関連イベント企画開催)
渡邊温子(チェンバロ奏者)
かげはら史帆(文筆家)
古川萌(美術史研究者)
白沢達生(音楽翻訳ライター)
青木幹太(創作ダイニングキッチンCo-Lab銀座店長)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする